【靭帯損傷.com】〜靭帯の治療〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
jintaisonsyou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。




sponsored link




ここでは靱帯を損傷した時の治療について、詳しく説明していきます。

靭帯を損傷した時の治療法は程度によってさまざまですが、どのような状況下においてもRICE処置は欠かせません。Rest=安静、Ice=冷却、Compression=圧迫、Elevation=挙上、の4項目の頭文字を取って名付けられた治療法で、それぞれに大きな効果があります。受傷後は緊張と共に脈拍が上がり血流が速くなるので、これらを抑えるための最適な応急処置です。

まず軽い程度の損傷では、早急に冷やしテーピング等で固定し安静にします。このとき注意する点として、後々患部が腫れてきた時に圧迫しすぎない程度にきつくは巻かないようにします。内出血の疑いがあれば患部を心臓よりも上に挙げて、血のめぐりを遅くしてそれ以上の出血を抑えましょう。
そして靭帯が部分的に切れてしまっている場合でも、上記の治療法で自然治癒が見込めますが、場合によってはギプスを使用して長期間固定をしなくてはならない事もあります。特に痛みや腫れがある内は、歩く事や立つ事も出来るだけ避け安静にしておきましょう。
完全に断裂している場合は応急処置も重要ですが、完治を見込むには適切な治療が必要です。こちらに関しては次の靭帯再建手術のページで詳しく説明しています。

但し、どのような場合においても応急処置後には極力医療機関で診療してもらい、適切な治療を受けるようにしましょう。


⇒ 靭帯再建手術

⇒ リハビリ


sponsored link



copyright©2013  【靭帯損傷.com】〜膝・足首・治療〜  All Rights Reserved