【靭帯損傷.com】〜膝の靭帯〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
jintaisonsyou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。




sponsored link




ここでは膝の靭帯について、詳しく説明していきます。

膝関節には、4本の靭帯がクロスするような形で膝を安定するように支えています。左右には内側側副靭帯と外側側副靭帯の2本が交差し、膝関節の左右の動きを制限しています。そして膝の裏側で前十字靭帯と後十字靭帯の2本が交差して、膝関節の前後の動きを制限しています。
内側側副靭帯は、膝関節が外側に反る動きを抑制しています。対して外側側副靭帯は、膝関節が内側に剃る動きを制限しています。前十字靭帯は、膝から下の脛骨が体の前方へズレないよう制限しています。対して後十字靭帯は膝から下の脛骨が体の後方へズレないよう制限しています。
事故やスポーツなどによる外傷で起こる損傷は、前十字靭帯が多く、次いで内側側副靭帯、後十字靭帯は稀に、外側側副靭帯はごく稀に起こります。
体の動きからして膝は外反よりも内反する動きの方が多い事や、膝は後方より前方からの方が、内側より外側へ向けての方が、外力が働くケースは少ないからです。

靭帯を損傷すると、損傷した靭帯によって症状は少し変わるものの共通して起こるのは膝のぐらつきです。どの靭帯を損傷した場合でもこれについては同じですが、後十字靭帯を損傷した場合は自覚されないケースもあります。損傷していても当人が気付かず、しばらくの間放置されていたという話も少なくありません。後十字靭帯を損傷しても、そこまで動きに支障を来たさないこともある為です。こうして靭帯損傷を放置していると、変形性膝関節症に進行してしまう恐れもあるので、注意が必要です。


⇒ 膝の構造


sponsored link



copyright©2013  【靭帯損傷.com】〜膝・足首・治療〜  All Rights Reserved